コース案内

歴史と伝統に磨かれたエリア屈指の秀逸コース

昭和35年開場の長き歴史を誇る当クラブは、御在所岳の麓に広がるフラットな地形を活かした伸びやかなレイアウトが特徴です。どのホールも比較的フェアウェイに幅を持たせてあるため、ビギナーやレディースも気軽に楽しめます。要所に配した木立が視覚的なトラップになるなど、戦略性を高める配慮も随所に施しコース攻略の楽しみを高めています。名物ホールの12番ホール(通称:二百三高地)と目の錯覚に悩まされる難攻不落のグリーンにぜひ挑戦してください。

開場・コース設計者 昭和35年10月/保田 与天
コース規模 18ホール/6.585ヤード/PAR72
コースレート 右グリーン:71.2
左グリーン:70.8
メイングリーン適用時:71.7
グリーン・種類 右グリーン・左グリーン 両グリーン共ベント
売店 1番ホール 5番ホール 14番ホール
ドラコン推奨ホール OUT 6番ホール  9番ホール  
IN  12番ホール   15番ホール
コース全体マップ

各ホールの数字をクリックすると、詳細を表示します


全18ホール/PAR72

各ホールの数字をクリックすると、詳細を表示します

HOLE
NO.
OUT IN TOTAL
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN
PAR 4 4 3 4 4 5 3 5 4 36 4 4 5 4 3 4 5 3 4 36 72
HDCP 15 3 9 1 7 13 11 5 17 10 16 4 2 14 8 6 12 18
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
BACK 344 371 192 396 375 523 172 542 344 3,259 341 352 463 370 167 447 527 170 343 3,180 6,439
REG 339 355 175 370 356 500 156 525 329 3,105 321 344 443 355 153 424 509 160 331 3,040 6,145
LADIES 326 290 142 332 330 430 137 412 279 2,678 301 307 413 287 123 305 436 133 321 2,626 5,304
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
BACK 337 345 178 376 396 507 185 538 358 3,220 365 361 475 330 167 402 570 180 336 3,186 6,406
REG 332 328 160 350 376 484 169 522 343 3,064 344 353 455 315 153 380 552 170 324 3,046 6,110
LADIES 319 260 127 312 351 416 150 408 284 2,627 324 316 425 247 123 264 473 141 314 2,627 5,254
メイン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
BACK 344 371 192 396 396 523 185 542 358 3,307 365 361 475 370 167 447 570 180 343 3,278 6,585
REG 339 355 175 370 376 500 169 525 343 3,152 344 353 455 355 153 424 552 170 331 3,137 6,289
LADIES 326 290 142 332 351 430 150 412 284 2,717 324 316 425 287 123 305 473 141 321 2,715 5,432
右・左      

クラブ競技開催時は、メイングリーン(右・左のグリーンの距離が長い方)を使用致します。
14番ホールのグリーンは1カ所です。

ローカルルール
1. アウトオブバウンズ(OB)の境界は白杭、修理地は青杭または白線、ラテラルウォーターハザードは、赤杭で標示する。
2. 排水溝は動かせない障害物とする。
3. 電磁誘導カート用の2本の人工の表面を持つ軌道は、全幅を持ってカート道路とみなす。
 球がこのカート道路上に有る場合、日本ゴルフ協会ゴルフ規則24-2b(i)の救済を受けなければならない。本項の違反は2打罰。
4. 人工の表面を持つ道路に接した排水溝は、その道路の一部とみなす。
5. クローズド(Closed)の標示にある予備グリーンはプレー禁止の修理地とし、その上に球があったりスタンスがかかる場合、
 日本ゴルフ協会ゴルフ規則25-1b(i)の救済を受けなければならない。本項の違反は2打罰。
6. ホールとホールの間の練習禁止。
 プレー終了後のホールのパッティンググリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならないし、
 球を転がすことによってプレー終了後のパッティンググリーン面をテストしてはならない。
 本項の違反は次のホールに2打罰。又最終ホールで違反があった場合はそのホールに対して罰を受ける。
7. ローカルルールの追加及び変更は、クラブハウスに掲示しその日から効力を発生する。